>

緊張感とうまく付き合うには

話を引き出そう

優れた人材は、面接でどのような行動をするのでしょうか。面接の場でうまく話せない人が、駄目な人材とは限りません。良い人材を見極めるのには、面接官の手腕が大きく関わっているといえます。
相手がどのような人物であるか、何を考えているのか知るためには話を引き出す必要があります。話を引き出すには、まず相手の緊張を解かなければなりません。面接の初めに天候の話をするなど、何気ない会話を少し取り入れてみましょう。話しやすい雰囲気づくりはとても大切です。話題に入る時も難しい質問からではなく、簡単に答えられやすそうなものから行っていきましょう。ひとつひとつの質問を短めにすることも重要です。うまく答えられれば自信に繋がり、より力を発揮することができるようになるでしょう。

汲み取る力を身につけよう

緊張感が漂う面接の場では、うまく立ち回れる人とそうでない人がいます。表面的なものを見るだけでは、大事なものを見落とす可能性があります。
大切なのは、スムーズに話せることではありません。自分の言葉で何かを発しようとしているかどうか、です。
相手の言葉を引き出す上で、緊張感は最も邪魔な存在です。しかし、その緊張感は利用できるものでもあります。緊張の中、自分の質問に対してどう答えようとするか。緊張のあまり、支離滅裂なことを口走る人もいるかもしれません。緊張していても本来の自分の力を発揮できるよう、採用される側が努力すべきではあります。その姿勢から読み取れることはいっぱいあると思います。
一定の緊張感を保ちつつ、相手が言わんとしていることを汲み取ってあげる力。ある種の寛容性が面接官には必要なのかもしれません。


この記事をシェアする